読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

「イライラしないための10箇条」

【スポンサーリンク】

こんにちは、wataruです。

今週は、疲れはて、昨夜9時から先ほど11時過ぎまで爆睡してしまいましたw14時間も寝たのは久しぶり。

なぜこんなに今週は疲れたのかというと、学校の始まる時間が早くなり、通勤ラッシュにぶつかり、それだけで体力を消耗してしまいましたw

何十年もこのラッシュのなか会社に通っているひとは凄いなと尊敬してしまいます!

実はラッシュの時間実は座席には座れているのですが、もし座れていなければ、通うことをあきらめていました^^;

 

f:id:ohara-1130:20170513130906j:plain

そんなイライラする人込みをかき分け無事に学校につくと授業で「イライラしないための10箇条」というのをやりました。

 

1、他人に過度の期待をしない

他人に過度な期待をしていると、他人の言動に不満を感じることが多きなります。

2、完璧主義にならない

自分自身に100%の結果を求めすぎると、できない自分に苛立つようになります。

3、「絶体」「いつも」「べき」をやめる

これらの言葉や思考によって、自分自身の欲求や願望に縛られてしまいます。

4、自分と他人を比較しない

比較を続けると、比較や嫉妬の対象が常に存在し、他人を受け入れられなくなります。

5、自分な本音に耳を傾ける

怒りの裏側に自分の本音が隠されています。なぜ怒っているのかを見つめてみましょう。

6、体調管理に気を配る

体調が悪いとイライラしがちになるものです。イライラしたら休むことも忘れずに。

7、ご機嫌な自分でいるように心がける

ご機嫌な時の表情、行動を心がければ、他人の反応も柔らかいものに変化します・

8、イラッとしたら目の前の物体を観察

怒りの感情が芽生えたら、目の前の物体をじっと観察することに集中してみましょう。

9、言い争いななったらその場を立ち去る

頭を冷やすことも大切です。立ち去る時は、相手に戻る時間を伝えるようにしましょう。

10、自分を受け入れてあげる

イライラしがちな自分のことも、責めたりしないできちんと受け入れてあげましょう。

イライラの原因は、自分自身にあることが多くあると思います、私は、自分が出来ないことにイライラしたり、思い通りにいかないとイライラすることが多くあります。入れいれしても良いことないのでなるべくイライラせずに日々を送りたいものです!

f:id:ohara-1130:20170513131119j:plain

 カモミールの黄色の部分を指でつまむと、青リンゴの良い香りがします。イライラが和らぎますw

カナダの精神科医 エリック・バーンの言葉

「過去と他人は変えられない」しかし、自分の関わり方を変えると相手の反応もかわる。

「過去と他人は変えられない」が未来と自分は変えられる。