読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

入門機NIKON D5500(5600)VS PENTAX K70実際に使って比較してみた。

【スポンサーリンク】

こんにちは、wataruです。毎日のブログ更新と写真撮影を欠かさず行ってきて丁度、半年。この間にAPS-Cの一眼レフカメラを2台使用することが出来たのでカメラ初心者の私が実際に使用して感じたことをまとめました。

f:id:ohara-1130:20170131093804j:plain

主な仕様

                   PENTAX K-70                                              NIKON D5500

有効画素数   約2424万画素           2416万画素

撮像素子    CMOSセンサー23.5㎜×15.6㎜   CMOSセンサ23.5㎜×15.6   

感度      ISO100~102,400         ISO100~25600

手振れ補正   手振れ補正4.5段階         なし

ファインダー  ペンタプリズム 視野率100%   ペンタミラー 視野率95%

オートフォーカスTTL位相差出式          TTL位相差出式

測距センサー  SAFOXX 11点(中央9点は    39点(中央9点はクロスタイプ)

        クロスタイプ)

シャッター速度 30秒~1/6000                                   30秒1/4000         

連射      約6コマ/秒            約5コマ/秒   

ボディー    防滴・防塵・-10まで耐寒      なし

サイズ     125.5×93×74 688g        127×97×70 470g

価格      ボディー75500円          ボディー83700円

撮影コマ数   410コマ              820コマ

液晶パネル   バリアアングル          バリアアングルタッチパネル

大まかな仕様の比較でバリアフリーアングルやwifiでのスマートホン連携はどちらも備わっています。

コストパフォーマンス、使いやすさ

コストパフォーマンスはK-70になります、使い勝手の良さもK-70に分があるように感じます。これは人によるかもしてませんが操作がダイヤルや、ボタン操作で済むことが多くD5500はメニューを呼び出さないといけないことがあります。しかしこの点は液晶モニターがタッチセンサーになっているのでモニターを見ながらの撮影の場合使い勝手は飛躍的のD5500は良くなります。

液晶モニタータッチセンサーパネル

 タッチパネルは、使うまではさほど気にならない機能だと思っていました、それはK-70のモニターで何不自由することがなかったことが理由です。しかしやはりあればありでなかなか使い勝手が良いのです、特に撮影後、写りを確認する際、マクロ撮影時のピントの確認なの拡大表示やスクロールなど意外と使いやすく便利です。

強力なボディー内手振れ補正機構

K-70は、ボディー内に手振れ補正機構が組み込まれているので℃のレンズを使っても手振れを軽減できるのに対しD5500はレンズに手振れ補正機構を持ってきている点でもK-70の方が手振れには強いと感じます。ニコンは単焦点の標準レンズなどにこの手振れ補正機構がないものも多くあるためです。

f:id:ohara-1130:20170131094026j:plain

防滴、防塵のタフネス、ボディー

やはり、アウトドアーでの使用や雨の日の撮影などでは、かなりのアドバンテージです。PENTAXのレンズにの多くの防滴、防塵レンズがラインナップされています。

画質について

これは、好みのと使用するレンズによると思います。パソコン画面で見る限り両者の差は私にはわからないレベルです。個人的には乾いた感じのするK-70に対し柔らかな感じのD5500といったところです。

カメラの取り回し

圧倒的にD5500が優位です、ボディーの軽さが約200g違いますので軽めのレンズ1本分変わってきます。それでいて質感も安っぽくはありません。

その他の感じた部分

オートフォーカスの制度に関してはD5500のほうが被写体をよく追いかける感じです。それでもさほど気になるレベルではない気がします。D5500の最大の長所は撮影コマ数の多さです、一般的なこのクラスを購入する方はベッテリーの予備を買わない方が多くいると思うのでD5500の820コマはとても助かります。私の好きな競馬場などでレースを撮影すると思いのほか撮影枚数が増えますがK-70では予備のバッテリーが必要でしたがD550ではなくても十分でした。細かい事ですがK-70はパソコンにカメラから写真を取り込んだ後そのままで充電できますが、D5500はバッテリーを本体から外し充電しなければなりません。

私のお勧めは

PENTAX  K-70です。ボディー内手振れ補正機構はとても優秀です、それと防滴、防塵仕様なのは毎日使うとなると安心です。意外と風の強い日などほこりが舞っているようなこともあるのでK-70は、安心して持ち出せます。

どちらを選んでも間違いはないと思いますが、D5600が新しく発売されていますが基本性能はD5500と同じなので比較は省力させてもらいました。実売価格を見ると若干古いモデルのD5500がお買い得感はあります。

 

kame-la.hatenadiary.com

 

 

kame-la.hatenadiary.com

 

 

kame-la.hatenadiary.com