読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

「初詣」に彼女と出かけ良い所を見せるための作法

【スポンサーリンク】

おはようございます、wataruです。気持ちのいい青空で大掃除日和ですね、皆さんは初詣に行かれますか、聞いた話だとまず初めに「氏神様」普段接している身近な神社に挨拶してから、目的の神社に出かけるのが良いみたいですよ。

f:id:ohara-1130:20161230094959j:plain

すっかりお正月使用の玄関リース、アケビの弦をお湯につけてまるめリースにしました。

 

f:id:ohara-1130:20161230095209j:plain

初詣に出かけた時の意外としたない作法

鳥居には、外の空間と神社のある「境内(けいだい)」とを分ける、結界の意味があります。最初にくぐる前に軽く一礼、帰りに出た後は軽く一礼しすます、鳥居がいくつもある場合も自分が最初にくぐる鳥居だけで大丈夫です。

参道では端を歩くのが正解です。

境内の通路は「参道(さんどう)」と呼ばれる神様の通り道です。真ん中を歩かず、端を通行するようにしましょう。初詣などで込み合っている場合無理に端を歩かなくてもよいです。

f:id:ohara-1130:20161229221248j:plain

神様と対面する前は、身を清める

まずは水で手を洗える「手水舎(ちょうずや)」を見つけます。手拭きを用意したら、「手水(ちょうず)」を行います(水で身を清めます)
(1)右手で柄杓を持って、水を1杯くみます。基本的に、この1杯で両手と口を全て清めます。
(2)左手に水をかけます。
(3)柄杓を左手に持ち、右手に水をかけます。
(4)残りの水を手にとって口をすすぎます。柄杓には絶対に口をつけないようにして  ください。
(5)改めて水をすくい、柄杓をタテにして持ち手の部分を洗い流します。
(6)柄杓を戻し、ハンカチで手を拭きます。

f:id:ohara-1130:20161230095402j:plain

お参りは「二礼二拍一礼」が基本

お参りをする「拝殿(はいでん)」に進んだら、いよいよお参りです。
(1)お参りするときは前まで進んだら、背筋を伸ばして軽く一礼します。
(2)賽銭(さいせん)を神様へのお礼に当たるので、投げ入れるのはやめましょう。
初詣で混雑緩和の為、やむ負えない場合もあります。
(3)鈴などが吊られている場合は、軽く鳴らして邪気を祓います。
(4)深い礼を2回行います。
(5)胸の前まで手を少しずらして2回鳴らします(二拍手)
(6)胸の前で両手を合わせて祈ります
(7)礼を1回して終わりです。1,2歩下がり背を向けて帰りましょう。

以上が基本的な初詣の作法です。実際の初詣では混雑していて、「手水(ちょうず)」など出来ないと思いますが参考にしてください。