読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

クレマチスの世界へようこそ!

【スポンサーリンク】

こんにちは、wataruです。この記事は、過去に書いた記事です。クレマチスについての記事なので興味のある方は見て下さい。

バラと相性がいいクレマチス

つる性植物の代名詞で、女王と呼ばれるクレマチスはバラと相性が
とてもよく同じ時期に咲くものが多いのでお互いを引き立てあい
咲き競います。
クレマチスは花色、花型、咲時期 花姿など様々でいろいろな楽しみ
方が出来ます。

f:id:ohara-1130:20161220144946j:plain

 

今咲き誇っているムーンビーム(Moonbeam)開花につれて黄緑色から薄黄色に変化して
行きます、ハンギングなどでも楽しめます。
クレマチス(Clematis)とはギリシャ語のKiema(つる)に由来しています

クリスマスローズと同じキンポウゲ科の植物です。世界中におよそ300
種ほどが生息していると言われおもに北半球の温帯にその多くが生息
しています。日本にも20種ほど生息しており代表的なものは、カザグルマ
クサボタン等です。

f:id:ohara-1130:20161220145025j:plain


直立性のクレマチスもありますがほとんどがつる性の植物です。
花弁は4枚、6枚、8枚と偶数がほとんどで奇数の花弁を持つ種はまれ
にしか見られません。
茎と葉身の間の部分を支柱や周りの木々を這い上って行くことでバラ
との相性がとても良いのです。

テッセンとカザグルマ

f:id:ohara-1130:20161220145322j:plain


クレマチスになじみのない方でもテッセンやカザグルマとゆう名前なら
聞いたことがあるかもしれません。クレマチス=テッセンと思われている
方もいらしゃるかもしれませんね、テッセンはクレマチスの総称として
用いられてきました。

ドイツ人医師のシーボルトクレマチス

今では、イングリッシュガーデンにはかかせないクレマチスですが1836年
に日本と、中国からテッセンとカザグルマをヨーロッパに紹介しそれまで小輪
クレマチスしかなく現在の大輪のクレマチスの品種改良に大きな役割を
果たしました。

まもなく開花しそうなモンタナルーベンス(Montana var rubens)
ピンクの花を咲かせるモンタナ系の代表種です。

f:id:ohara-1130:20161220145431j:plain

日本で見られる野生種

カザグルマ、クサボタン、ボタンツル、クロバナハンショウヅル、
シロバナハンショウヅルセンニンソウ,タカネハンショウツル、センニンソウ
ハンショウツル、トリガタハンショウツル、コウヤハンショウツル、
ヤマハンショウツル、ビロードボタンズル があります。どこかで
見かけているかもしれませんね!