読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

どれぐらいの時をその場で過ごしているのでしょう

【スポンサーリンク】

おはようございます、wataruです。朝晩は、かなり山梨県は寒くなりました。うちは少し山のほうにあるので今朝は氷点下(家の寒暖計)になりました。

先日、倉岳に登った時に感じたのですが、戦後すぐに杉やヒノキの植林が行われて、登山道の多くは杉林の中を進む感じでした。その中でひときわ目を引く巨木が何本もありその木(おそらく栃の木)は「樹齢何百年の・・・の木」どの看板はありませんでしたがこの森を長くじっと見守っているのだろうなと思うと感慨い深いものを感じました。

f:id:ohara-1130:20161210081246j:plain

 

f:id:ohara-1130:20161210081407j:plain

f:id:ohara-1130:20161210081451j:plain

私が生まれる何十年も前からここにいるのだろうな、太い幹に触れると力がわいてきます。

f:id:ohara-1130:20161210081628j:plain

f:id:ohara-1130:20161210081729j:plain

f:id:ohara-1130:20161210081816j:plain

f:id:ohara-1130:20161210081908j:plain

大木のすぐわきには何も大きな木が生えていなくとても目立ちます。春から秋にかけてはたくさんの葉が茂り、新しい気が育たないのだろうなと思います。「ここは俺の場所と主張するように」

f:id:ohara-1130:20161210082238j:plain

杉の大木の根も立派ですが栃の木の根に比べると栃の木は横綱ですね。

f:id:ohara-1130:20161210082523j:plain

春になると、花粉症の人は大変ですが、まっすぐ伸びる杉は戦後の住宅には欠かせなく日本全国で植林が進んだそうです。