読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

倉岳山(大月市)登頂成功!

山登り FUJIFILM X70 大月市

【スポンサーリンク】

おはようございます、wataruです。先日途中でクマの恐怖に負けて断念した倉岳登山ですが、今回準備を万端、整え再挑戦しました。人気の全くしない渓流沿いの森の中を上る事およそ2時間半で見事、登頂に成功しました。音のない世界に生きていると周りの気配が人よりも敏感で、なおかつ極度の臆病者としては、快挙なのです。

f:id:ohara-1130:20161208075204j:plain

残念ながら雲が多く、富士山は見えませんでしたが、達成感で満足です。

 

f:id:ohara-1130:20161208075334j:plain

準備は、クマよけの鈴、携帯ラジオこれでクマに人がいることをお知らせして、出てこないようにします。(ラジオは途中でチューニングを触ってしまい雑音を多分まき散らしていました)

f:id:ohara-1130:20161208075717j:plain

最初の休憩地点にある水場でしたが、残念ながら枯れていました。

f:id:ohara-1130:20161208075851j:plain

尾根に出ました、ここまでくればもうすぐだと安心しましたが、ここからが地獄の登りでした、35分?無理ですw

f:id:ohara-1130:20161208080047j:plain

かなりの急こう配です。

f:id:ohara-1130:20161208080155j:plain

頂上はもうすぐです、5メートルぐらいに一度は一息入れながら進みます。

f:id:ohara-1130:20161208080404j:plain

やっと登頂です、思ったいた以上に苦しい登山でした。普段の運動不足を痛感です。

この写真は北側を撮りました、正面の山が人気の扇山です。

f:id:ohara-1130:20161208080901j:plain

天気が良ければ、この方向(西側)に大きな雪をかぶった富士山が見えます)

f:id:ohara-1130:20161208080610j:plain

この先の楽しそうな尾根道を行くと花畑山です、ガイドブックには倉岳山から花畑山に行くのが(逆もあり)一般的なルートのようです。

私は、無理をせず来た道を引き返します。

f:id:ohara-1130:20161208081044j:plain

とちの木の巨木が多くありました。

f:id:ohara-1130:20161208081207j:plain

登山道から、水場までは渓流沿いを歩くとても素敵な登山道です。

f:id:ohara-1130:20161208081339j:plain

f:id:ohara-1130:20161208081430j:plain

f:id:ohara-1130:20161208081612j:plain

この山の魅力は渓流沿いの登山道とやはり山頂からの富士山の眺めでしょう、とても素敵な山なのでぜひ近くに来た際は挑戦して見て下さい。

 

kame-la.hatenadiary.com