読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

10月の庭、紫の心理

雑記 庭の花

【スポンサーリンク】

こんにちは、wataruです。今日ぐらいから秋らしい気温になるそうです、北海道では初雪が降り東京は夏日とおかしな日本列島、これで例年並みの気温に戻れば、紅葉も進んで来そうです。例年行われている河口湖のモミジ祭りは11月1日からです。

赤い色

f:id:ohara-1130:20161021101753j:plain

 赤色は「活力・情熱・興奮」といった強いエネルギーをイメージする色です、やる気や、行動、自信、などが欲しい時に(満ちているとき)好まれる色です。

また、怒りや攻撃といった強いエネルギー、活力、情熱の表れと表現する場合もあり、積極的なリーダータイプの人に好まれる色です。

また、やる気になっている時・元気がほしい時・自信を取り戻したい時・自分をアピールしたい時など、エネルギーが満ち溢れているか補給したい時に赤が好きになる人が多いです。
一方で、赤には「怒り・攻撃的」といったネガティブなイメージもあります。怒りや攻撃性も強いエネルギーのひとつ。活力や情熱と同じ強いエネルギーが、ネガティブな表れ方をしたものです。

青い色

f:id:ohara-1130:20161021101859j:plain

「清潔や爽やか、信頼」と心落ち着くイメージの色で、冷静になりたい時や、考え事をする時、興奮を鎮める時などに好まれる色です。

なので、青は心身を落ち着かせ、長時間の集中力を助けるので、単純作業や頭脳労働の場所で使うと効果的です。

紫色

f:id:ohara-1130:20161021102101j:plain

紫色は「活発、興奮」と「清潔、抑制」という反対のイメージを持つ色が混じりあってできた色なので、赤と青のように、たがいに反心が葛藤状態にあるとき、両方の性質を持つ紫色が心のバランスを整えてくれます。


心身のバランスを整える癒しの色です。心身が疲れてしまったときに紫の癒しを欲しているのです。また、欲求不満の色などと言われることもありますが、紫の花には心穏やかにする効果があるように感じます。

花の世界では意外と多く、心が癒されます。

f:id:ohara-1130:20161021102124j:plain

f:id:ohara-1130:20161021102152j:plain

この時期は、我が家でも意外と多く咲いています。