読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

FUJIFILM X70 フィルム シミュレーションで好みの色を桂川で探る!

FUJIFILM X70

【スポンサーリンク】

こんにちは、wataruです、歩いて30分ほどの桂川に行ってきました、曇り空なので飲み物も持たずにでかけて熱中症になりかけました!夏のお出かけは、帽子と水筒を忘れずに。

X70には、全部で11種類のフィルムシミュレーションがあります。モノクロ5種類、カラー6種類です。そのうちカラーのPRO Neg.HIとPRO Neg.Stdはポートレートに特化しています。今回は全11種類を試して来ました。

 

モノクロを比べてみます

f:id:ohara-1130:20160813140019j:plain
撮影データー セピア 絞りF5.6 シャタースピード1/420 ISO200 プログラムオート

最近自動改札になったJR中央線四方津駅です。

f:id:ohara-1130:20160813140427j:plain撮影データー モノクロ(フィルターなし) 絞りF5.6 シャタースピード1/750 ISO200 プログラムオート

四方津駅を通過し松本方面に向かうスーパーAZUSAです、次の停車駅は甲府です。

この時は高速連写を試しましたがフォーカスはかなり正確にとらえていました。

f:id:ohara-1130:20160813140858j:plain
撮影データー モノクロ(Yeフィルター) 絞りF5.6 シャタースピー1/280 ISO200 プログラムオート

f:id:ohara-1130:20160813141241j:plain
撮影データー モノクロ(Rフィルター) 絞りF5.6 シャタースピー1/300 ISO200 プログラムオート

フィルターをかける事によりコントラストがやや強調されます。

f:id:ohara-1130:20160813141626j:plain
撮影データー モノクロ(Gフィルター) 絞りF5.6 シャタースピー1/420 ISO200 プログラムオート

このフィルターは、唇や肌などの調子が出る階調表現でポートレートに適しています。

ここまでがモノクロのシミュレーションです、セピア以外は今回の撮影では大きな変化は私自身感じませんでしたが(横に並べると違いはわかります)微妙な差はありますがスッキリとしたフィルターなしが気に入りました。当然被写体によりその差は変わってくると思います。

カラーをシミュレーション

カラーは6種類のフィルムシミュレーションが用意されています、ブラケッティング機能を使えばそのうち3種類(RROVIA,Velvia,ASTIA)の三種類は一度に撮影することもできます。

f:id:ohara-1130:20160813143107j:plain
撮影データー PROVIA(スタンダード) 絞りF5.6 シャタースピー1/350 ISO200 プログラムオート

標準的な発色と階調で、人物、風景など幅広い被写体に適しています。

通常はこのPROVIAで撮影しています、もっとも肉眼で見た色彩に近いと感じます。

f:id:ohara-1130:20160813145004j:plain撮影データー Vilvia(ビビッド) 絞りF5.6 シャタースピー1/560 ISO200 プログラムオート

高彩度な発色とメリハリのある階調表現で風景や花の撮影に適しています。全体にクッキリした感じに表現されます。

f:id:ohara-1130:20160813144351j:plain
撮影データー ASTIA(ソフト) 絞りF2.8 シャタースピー1/4000 ISO200 速度優先オートモード

肌色のつながりがを良くしつつ、青空も鮮やかに写るようになります。屋外のポートレートに適しています。

メリハリが聞いた鮮やかな雰囲気の写りになります、茂った木々などは、葉の一枚もクッキリ写ります。

f:id:ohara-1130:20160813145636j:plain
撮影データー クラッシッククローム 絞りF9 シャタースピー1/850 ISO200 プログラムオート

発色を抑えて暗部のコントラストを高めます。落ち着いた表現に向きます。

若干、空の青さが薄く感じますがほかのシミレーションに比べ手前の木の葉がより鮮明に写りました。

f:id:ohara-1130:20160813151809j:plain

撮影データー PRO Neg.Hi 絞りF5.6 シャタースピー1/550 ISO200 プログラムオート

PRO Neg.Stdに比べ階調をやや硬めにしています。屋外でのポートレートに適しています。

f:id:ohara-1130:20160813150822j:plain

撮影データー PRO Neg.Std 絞りF5.6 シャタースピー1/550 ISO200 プログラムオート

全体的に落ち着いたトーンになります。さらに肌色再現の階調のつながりを重視し、スタジオでのポートレート撮影に適したモードです。

PRO Negでの撮影は、説明書を読む限りではポートレートに適したモードのようです。今回は風景の写真なので参考にならないかもしれません!

それぞれの状況や、被写体にあわせモードを変えるのがよさそうです、MENUボタンから簡単に設定変更が出来るので積極的に利用できる機能です。

あじさいがまだ咲いていました!モノクロの魅力にひかれます。

f:id:ohara-1130:20160813152731j:plain
撮影データー モノクロ(フィルターなし) 絞り2.8 シャタースピー1/280 ISO200 プログラムオート

 

kame-la.hatenadiary.com


【送料無料】 フジフイルム コンパクトデジタルカメラ FUJIFILM X70(シルバー)